公設試で始めるロボット・AI・IoT」~奈良・和歌山・大阪の研究機関による自動化・省力化と人材育成~(2/14)

日 時:令和5年2月14日(火)15時 ~ 17時(受付開始:14時30分~) 会 場:マイドームおおさか4F研修室(大阪市中央区本町橋2-5)&オンライン定 員:15名(リアル参加)オンラインは無制限受講料:無 料 本続きを読む “公設試で始めるロボット・AI・IoT」~奈良・和歌山・大阪の研究機関による自動化・省力化と人材育成~(2/14)”

令和4年度大阪府商工関係者表彰の受賞者が決定しました

 大阪府では、大阪府の商工業の振興発展に功績のあった個人、団体を表彰しています。  この度、令和4年度の表彰において、当協会から推薦させていただいた、下記の方々が『従業員として10年以上業務に精励し、成績優秀で本府産業の続きを読む “令和4年度大阪府商工関係者表彰の受賞者が決定しました”

金属3D造形技術セミナー◆金属3D造形体験コース(2/13~,2/20~)

◆金属3D造形体験コース ◇第1回 2月13日(月)~15日(水) ◇第2回 2月20日(月)~22日(水) ※3日間コース、各回とも同じ内容 ◇定員:各回3社(1社2名まで・先着順) ◇受講料:59,600円(各社1人続きを読む “金属3D造形技術セミナー◆金属3D造形体験コース(2/13~,2/20~)”

第 31 回 放射線利用総合シンポジウム(1/16)

 放射線は、多くの研究分野における基本的なツールとして利用され、先端科学を牽引してきました。放射線に関する研究は、放射線利用を基本とする広範な境界領域の学際研究です。また放射線の利用技術の向上が、利用分野の研究を飛躍的に続きを読む “第 31 回 放射線利用総合シンポジウム(1/16)”

表面のぬれ制御技術の最先端-表面修飾・バイオミメティクス・センシング技術-(1/24)

水は目には見えないミクロなレベルで材料表面の潤滑剤,保護剤として機能する一方,腐食など固体表面の化学反応を促進させるなど我々の生活に両極端な効果をもたらします。そのため,「ぬれ」を制御する技術は材料科学の長年の課題の一つ続きを読む “表面のぬれ制御技術の最先端-表面修飾・バイオミメティクス・センシング技術-(1/24)”

第57回真空技術基礎講習会 10/11~14

 真空技術の進歩とその応用産業の発展は近年めざましく、我々の日常生活に近い食品の真空包装やインスタント・コーヒーなどはもとより、最先端のナノ技術を応用した半導体素子や、究極の素粒子を研究する巨大な物理実験装置など、広範な続きを読む “第57回真空技術基礎講習会 10/11~14”

2022年 KECセミナー 『カーボンニュートラル社会実現に向けた日本の挑戦』(7/8)

 近年国内外を問わず気象災害が多発し、地球温暖化対策は人類の最重要課題の一つとなっています。政府によるカーボンニュートラル宣言も行われ、その取組みは活発化していますが、実現には産学官の連携やイノベーションと共に、一般市民続きを読む “2022年 KECセミナー 『カーボンニュートラル社会実現に向けた日本の挑戦』(7/8)”

令和4年度の技術開発関係知事表彰、および文部科学大臣表彰を4名が受賞

このたび、当協会より推薦させていただきました下記の方々が、令和4年度の技術開発・改善関係の大阪府知事表彰、文部科学大臣表彰を受けられました(敬称略、順不同)。おめでとうございます。  大阪府の発表は、→ こちら  表彰基続きを読む “令和4年度の技術開発関係知事表彰、および文部科学大臣表彰を4名が受賞”

医療向けセンシング技術の最前線~医工連携の成功事例とともに~(6/14)

医療の高度化を実現するためにはデバイスの進化が必要不可欠です。また工学にとっても、培ってきた技術を医療・ヘルスケアという大きな市場へと広げるチャンスであり、日本が世界に勝てると期待されている分野です。しかし実現には課題も続きを読む “医療向けセンシング技術の最前線~医工連携の成功事例とともに~(6/14)”

日本で初めての本格的なプレプリントサーバー

新しい研究情報のサイトが公開されます。 一般に、最先端の研究成果は学術誌に掲載されますが、掲載されるまでには専門分野の研究者による「査読」が行われるため、実際の成果の時点からは時間がかかることがあります。 このため、世界続きを読む “日本で初めての本格的なプレプリントサーバー”

金型加工用CAMを用いたNCプログラム作成のポイント

直交軸に加えて傾斜・回転軸を持つ5軸加工機は、自由度の高い動きができる一方で加工誤差が生じやすい構造です。そのため5軸高精度加工においては、各軸を適切に制御し加工誤差を低減するNCプログラムが重要です。 本セミナーでは金続きを読む “金型加工用CAMを用いたNCプログラム作成のポイント”

ものづくりの現場で活かせるAI技術とデータ収集事例の紹介

ものづくりの現場では、AIやロボット、IoT、DXなどでの革命的な変化が起きようとしています。 特にAIは、目に見えないことから理解するのが難しい技術の一つです この報告会では、AIのキー技術である深層学習による画像判別続きを読む “ものづくりの現場で活かせるAI技術とデータ収集事例の紹介”

金属積層造形(AM)の活用状況調査と高度化技術開発 (3/4)

ものづくりのゲームチェンジにつながる革新的技術として注目を集めている、金属積層造形(AM: Additive Manufacturing)。大阪技術研では金属AM技術の高度化を目指したプロジェクト研究を実施しています。 続きを読む “金属積層造形(AM)の活用状況調査と高度化技術開発 (3/4)”

残留応力と測定方法の基礎知識

過度のストレスを受けると病気になるなど、ストレスと人間との関係は経験上よく知られていますが、材料や機械部品にもこれと似た関係があります。機械部品等にとってのストレスの一つは「残留応力」です。残留応力は、機械部品等の製造過続きを読む “残留応力と測定方法の基礎知識”

海外展開支援セミナーの開催(知財、経済安保など)(3/9,15)

■ご存知の通り2021年より政府の経済安全保障政策が本格稼働しました。また、以前より「自社の製品を海外で販売したい」「海外規格に合う製品開発をしたい」でも知財や契約時に気を付けることがわからない、「(国内にいながらでも)続きを読む “海外展開支援セミナーの開催(知財、経済安保など)(3/9,15)”